Dropboxのクライアントアプリに「ハードドライブの容量を自動で節約」機能が追加された

備忘録

今日気が付いた。昼食を食べてオフィスに戻るとDopboxからアップデート通知が来ていた。なにやら新機能を試せと書いてあったので見てみるとスマートシンクの設定項目に「ハードドライブの容量を自動で節約」なる項が増えていた。

スクリーンショット

スマートシンクについて

私はDropbox Professionalプランを利用しているので、ファイルをダウンロードすることなく操作できるスマートシンクが使えるのだけれど、それの新機能なのかな。

Dropboxのプレスリリースを見る限りでは今日の更新はないし、もしかしたら前回の更新(窓の杜)に含まれていたものが遅れてやってきたのかな?

できること

設定情報を見ると「数か月編集していないファイルやフォルダがオンラインのみになる」と書いてあるので、使用頻度が低いファイルの実体データを自動的にオフライン参照に切り替えてくれるというそのままの理解で良いのかな。だとすると非常にありがたい。

ついでにdropbox.com(ブラウザ版Dropbox)から追加したファイルは同期されても自動でオフラインのみのファイルとしてくれるみたい。

Dropbox

便利になりました。ありがとう。

追記:pCloudもオススメ

Get 500 GB storage with pCloud. 30 days free test
pCloud is the place where you can save photos, videos and documents. Access them anywhere you go, on each device.

Dropboxと違いWebDAVが使えるクラウドストレージサービス。同期不要でNASのように使えるからゴミを増やしたくない人にはオススメ。Androidユーザーは10GBまで無料枠を増やせる(iOSはiOS用アプリがないのでチュートリアルが完了できないため不可)。

私は「ローカルに置いておきたくないけど今日1日は使うかもしれない」くらいの一時ファイルを置く用に無料枠の範囲で使っています。

おわり

タイトルとURLをコピーしました